鯛LOVER!(^з^)

みなさんこんにちは。
今回は先日、一部社員と船を1隻チャーターして瀬戸内海下津井を中心に鯛釣りに出かけた事を述べさせて頂きます。

今回海上に向かったのは年長の社員とその子供さん、並びにそのお父様の家族3代と、もう一人中年社員と僕。それと県外から1人で来られている一般客だった。

前日の就寝時間1時間程(小学生が遠足を楽しみに前日眠れなかった訳では無く、寝酒のつもりが逆に眠れなくなり、ドラマ『モテキ』を全話見てしまってた・・・。)だったが早朝4時に迎えが来て近くのコンビニでお酒(まだ飲むか!)やつまみを買い、すき家で朝食をして港に5時に着いた。

それでは出航ということで、下津井近辺まで一気にぶっとばし、あっという間に最初のポイントに付き、いよいよ開始!まずコンビニで買ってきたチューハイをプシュッと言わせて、この日の為に買ってきたタングステン製のビンビン玉(エサ)を竿に取り付け、一気に海底に放り込んだ。

この日は天候も先週から続く雨の影響も少なく、曇り空で途中雨が降ったが次第に止み、風も程よく吹き、気温も低く気持ちよくスタート出来た。

・・・・・。気持ち良いスタートを個々が感じとっていながらもやはり最初の喰い付きはスタート開始から1時間後、今回我々の中に同船していた1人で来ている県外の方だった。即座に合わせた様子でぐんぐん海上に魚が上がっていく様子。うっすら見えたのはなんとピンク色・・・・・・。上がればやはり鯛だった!

船上では喜ばしい反面、羨ましい反面、悔しさ全面(?!)のなんとも言えぬ空気に包まれた。我も我もと言わんばかりにリールを動かす回数も増え次第に殺伐とした空気にも感じた(苦笑)

そんな中、今回一緒に来ていた年長社員のお父様ボソッと一言、『・・・魚が良く当たるな・・・。』と呟いた。

『なぬっ!?』と思い、開始して1時間少々経つが、竿に重みを感じた瞬間は隣にいた年長社員の子供の竿に針が絡まったぐらいだった・・・・・・。しかも2回・・・・・・(涙)

自分もフィッシングを本気でしだしてまだ1年位でしかも数える程度。フィッシングに対しなかなか億劫だった我が人生になんでもっと早く習ってこなかったんだろうと自問自答しているなかその横目に子供のはしゃぐ顔・・・・・。

この子のように親父に釣りを教えてもらえる環境が羨ましいなぁ・・・・・・・・。自分もこんな親父が欲しかったなぁ・・・・・・・・。そんな事を思いながら自分の親父の事を反芻しだしてみた・・・。自分の親父はもう定年してて元々事務員を勤め毎日デスクワークをしていた。特に見た目も線は細く、もちろん体育会系では無くて趣味といえば無趣味。性格は綺麗好きで神経質。当然釣りやアウトドアはしなく、むしろ嫌いみたいで、酒や女遊びも当然しなく毎日まじめに帰ってきてた。友達という友達も自分が生きてきて一人も見たことが無い。ただ現在も好きな事といえば株で『株式ニュース』や『四季報』を良く見ているみたいなんだが、今は無職なので特に投資も出来ずにいる。 会ってもろくに喋ろうとせず、自分はまだ未婚者だが、結婚や将来の話も一切無く後世の導きも特別する訳でもなく、全く何が楽しみで生きているのか解らないまま残りの余生を終えようとしている。他にも・・・・・・。

んっ?・・・・・・昨日からの飲酒と寝不足と若干の船酔いと魚が釣れないイラ立ちを全部親父にぶつけていて超ネガティブシンキングになっていた。

すまねー親父。親父が悪いのじゃあなくフィッシングに対し避けていたんだ・・・・。逃げていたんだーーー!と思い、碇シ〇ジばりに自分に言い聞かせながらリールを巻いた。

すると、竿にグッと重みを感じ近くにいるみんなにそのリアクションを伝えた。

ただちに船長がテンション高く網を持ってスタンバイする。 みんなの目線もこっちへ集中している。

リールもグイグイ上に上がってくる感じで、竿もしだいに暴れだす。

『やべーーっ!これが釣りの醍醐味か!!』

そう思った瞬間うっすら見えたのは薄いピンク色・・・・。人生で薄いピンク色を見てきたなかで、嬉しかったことといえば中学生の時の体育の時間に別に好きでもない女の子のブルマからはみ出ていた薄いピンク色の下着のような物体を見た瞬間と、今置かれている現状だろう。(あれは下着では無くハンカチだと言い張られたが・・・。)

それで約1分間程の格闘を経て上がって来たのはやはり鯛だった。

過去通算4回目の海釣りで中学生の時の甘酸っぱい青春白書を思い出しつつなんとも言えぬ感情に苛まれた瞬間でした。

 

 

 

 

 

出来たあぁぁぁ (^о^)/  by屋根王子

先日の『屋根王子登場!』の回で投稿したガルテクト重ね張り工事なんだけど出来上がりました(^о^)/

先週から続く梅雨の影響の雨でなかなか工事が進まなくて、若干の雨でも工事をしつつようやく完成~!

見た目は現代建築に似せた仕上がりですっきりかっこ良く、遮熱・防音・軽量と材質の特性も高く、価格もお手頃なコストパフォーマンスに優れた商品なんだ。

これからどんどん推し進めて行くぞ~!って言ってもやっぱり僕らは瓦屋(゜л゜;) 瓦の良さを伝えていかなければならないのだが、軽量家屋の場合加重規制がある為に瓦の施工はなかなか難しいものがある。

ホントは平板瓦を薦めたんだけど、今回のお宅はもともとカラーベストでしかも2階を増築している為、施工基準をクリア出来なかったんだ。

そんで板金重ね葺き工法を薦めて、遮熱・防音に弱くそれじゃあイマイチってことでガルテクトで決定。あれよあれよと即決してすぐ契約。その週に着工して翌週には工事完了。

まあ結局お客様に喜んで頂けて良かったんだけどね(^з^)

 

『大事なのは自信を見せるのでは無く、その場その場に見合った物を提供する事が喜びの自信となる。』

 

過去に読んだ本でこう書いてあった。

適材適所って言葉があるように、いろいろな知識を頭に入れてれば、その場で即座に順応出来るんだと思う。

安心して頂けるような施工店にしていきたいものです。

 

 

 

 

 

ナツノアツサニモマケヌ ジョウブナ・・・新商品!!

どーも♪パワーコンディショ太です(*゚▽゚)ノ

巷では『今年はから梅雨じゃないの?』なんて話がちらほら出ていましたが、やっとまとまった雨が降りましたね(´▽`) ホッ

四季のある日本なので、暑い時には暑く、寒い時には寒く、そしてもちろん雨の季節にはしっかりと降ってもらわないと、なんだか心配になりますよね・・・。

さて、以前もお話させてもらったんですが、これからぐんぐん気温が上昇し、太陽もさんさん輝きだす季節になるとおもいますが、実は太陽光モジュールは熱に弱く、表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちてしまうんです(ノω・、) ウゥ・・・

仮に温度が75℃になったとすると、通常の結晶系のモジュールだと発電効率は約25%程度ダウンしてしまいます。

『いやいや、75℃って(笑)貴様の家には温度計がないのか?』

と言われてしまいそうですが、実際炎天下の屋根上の温度は地上のそれとは比べ物になりません。大概の足の裏なら、めくれてしまうんじゃないか!?といった程のレベルです(/_;)

そんな中、熱に強い太陽光モジュールの代名詞、パナソニック㈱より待望の新商品が発表されました。

HIT240α/245α HITハーフタイプ120α の3種類の新型モジュールです!!

もともとHITモジュールはアモルファスシリコンを採用した『ハイブリット構造』になっており、上記75℃の環境下でも約15%程しか発電効率が落ちませんΣ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!

さらに、今回発売となるハーフタイプモジュールを組み合わせる事によって、屋根のスペースを無駄にすることなく、太陽光を搭載する事が可能です!

特に、寄棟と言われる屋根形状にはもってこいの新商品ですよヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

モジュール自体の出力が上がり、さらに無駄なスペースなくモジュールを搭載でき、おまけに熱にも強い。

さらにグレードアップした新商品で、充実の太陽光ライフを堪能してみては!?

【パワーコンディショ太の一言】

いいことずくめ

 

雨も汗も滴るいい男達!   by屋根王子

 今日はまれに見ぬ豪雨であちこちで川は氾濫し冠水状態。一部主要道路では交通規制がかかりあちこちで渋滞が発生し交通事故もちらほら・・・・・(°◇°)

 

こんな日は事務所に帰ってパソコン弾いて調べ物でもして晴れの日に備えよう。

まさに晴耕雨読!

 

・・・・・・・って訳にもいかず雨天の中現場に行ってまいりました(@д@)

 

現在工事中の現場があって雨養生が出来てるかの確認で行ってきたんだけど、葺き替えって言って業界用語なんだけど古い瓦を処分して現代の新しい瓦を取り付けてその家の瓦が全く新しくなるんだ。そんでこちらのお客様(写真参照)は瓦の納まりはもちろん良いのだが、破風板(写真で木部の所)も新しくしたんだけど材質は桧!大工さんも気合入れて取り付けて頂いたおかげでめちゃくちゃかっこいい仕上がりになってるぅぅぅ☆

気になる雨養生もブルーシートでしっかり固定しているんで雨養生はばっちりだった。さすが我らの職人達!今度は棟(屋根の中心にある箇所)を仕上げて行くんだけどかっこいい仕様にするんだけどこの天候じゃあまだ先の話になりそうだなぁぁ。 たのしみぃぃ!

 

晴れの日は職人達が汗を流し、雨の日は僕みたいなのが現場確認や詳細な準備をしているんだけどあまりお客様から見て日のあたる所にはいないんだ うぅぅぅ

 

『・・・だけど一つの物を仕上げる志は職人もおいらも一緒なんだー!!』

っと雨に打たれながら心に誓い現場を離れるおいらであった。

 

雨漏れ防ぎ隊!?   by屋根王子

みなさんこんちは。屋根王子です。

やっとまとまった雨が降り出しましたね。農家の方はうれしいと思うけど僕らは雨が降ると工事が出来ないんだ(T0T)にゅぅぅぅ

だけど雨漏れが発生するから工事依頼があるんだけどね☆

んで今回はある雨漏れの状態を説明するぞ!

以前雨漏れ依頼があったお客様宅で現場調査に行ったんだ。するとセメント瓦に塗装をしていたんだけど酷いのが塗料が瓦全体にべったり着いてて瓦と瓦の間に隙間に指が全く入らないほど接着していた状態。カッターナイフとヘラの尖ったやつで何とかこじ開けたんだけど野地板見るとやはり雨漏れの後が・・・(写真 野地板下部が白っぽくなっている)

その後このお宅では全ての瓦の隙間に付着した塗料をカッターナイフで切除しました。

良くお客様からコーキングや塗料で全ての瓦の隙間埋めてれば雨漏れ防げるんじゃない?って言われるんだけどそれは全然違ってて数年経てばコーキングや塗料が剥がれる箇所が出来てその中に雨水が入ってしまえばその雨水は逃げる箇所が無くなっちゃうんだ。だから野地板を通い梁を通い柱を通い天井が染みになっちゃうんだ。それだけじゃなく隙間が無くなると換気しなくなるから結露もしちゃうんだわ(>0<)最悪ー!!

良い塗装屋さんは薄塗りで何回かに分けて塗るんだけど、たまに一気に厚塗りしてやり逃げする業者もいるみたいだからみなさんも気をつけてね!

 

『あなたの家の雨漏れ防ぎ隊』・・・・・・・・・なんちて(°з°)/

屋根王子登場!

みなさんはじめまして。屋根王子です♪

初めて投稿したのですが、僕は瓦工事のみならず、板金工事や防水吹き付け工事。壁工事や左官工事などいろいろな事をしているんだぞ。これから色んな工事内容を紹介するから暇があったら視読して下さいなー(°з°)/ ってことで今回は屋根替えについて投稿しちゃいました。

一般的に屋根替えって古い屋根材を解体処分して新しい屋根材を取り付けるんだけどこの工法が家にも屋根にも一番いいんだ。だけど解体処分費や産廃費等のコストが高くついてしまって他にも安くて屋根にもいい工法ってないのってことで今回は今世間で凄く人気(たぶん!?)のガルテクトっていう材料を使った重ね張り工法を紹介するぞ。

何だそれって?それは通常の板金って安っぽく屋根材としての性能が低いイメージだと思うんだけど、このガルテクトは違って外側表面に遮熱に優れている塗料を吹き付けていて通常の板金に比べると小屋裏内の温度が-10度も違うんだ。それだけじゃなくもっと凄いのは内側はポリイシアヌレートフォームって総称で弾力のある綿みたいなものが張り付いてて断熱・遮音・防火・雨仕舞い等いろんな効果があるんだ。中でも遮音効果が素晴らしく、通常の板金って雨が降るとポッタンポッタンと跳ねるような音がするんだけど、降水量100mm/hの豪雨でも室内ではささやき声程度なんだ。ほかに耐久性もあってガルバ鋼板っていう材質で従来の亜鉛めっき鋼板に比べて3から6倍の寿命があります。特に酸性雨には強い威力を発揮してくれるんだって。 しかも見た目もスタイリッシュでカッコイイ。 スゲー!

画像に写ってるのはそのガルテクトの取り付け途中の画像なんだけど、古い屋根材の上に紫色に見える箇所がルーフィングっていう防水の役目を果たす物で、その上にガルテクトを取り付けていくんだ。つまり重ね張り工法。まだまだ工事中なんで取り付けた後はまた後日紹介するぞ! おたのしみにー♪

出雲大社

6月16日に島根県の出雲大社に参拝に行ってきました。
出雲大社におまつりします大國主大神(おおくにぬしのおおかみ=だいこくさま)様は、「和譲」の御神徳で国づくりをなされた国土を御皇室の御祖先に奉還―国譲りなされて奇しき御神業を成し顕され〝しあわせの平和〟を導かれて、目には見えない神事(かみごと)の世界を治められる幽冥(神事)主宰大神(かくりごとしろしめすおおかみ)として、出雲大社にお鎮まりになり、生死ひとつながらに私どもをお守りいただいています。この御神業のことは、皇后陛下の「出雲大社に詣でて」と御題なされた「国譲り 祀られましし 大神の 奇しき御業を 偲びて止まず」との御歌の如く、永く〝御皇室の祈り〟となされておいでのことが拝されます。

 御祭神の大國主大神様のお住まいの御本殿は古くより「天下無双の大廈(たいか)」と称えられますが、平成12年の境内の八足門(やつあしもん)前での巨大な御柱の顕現によって、語り継がれた往昔の高さ16丈の〝天下無双〟の御本殿が明らかとなりました。現在の国宝御本殿は、延享元年(1744)に御遷宮御造営され、以来、文化6年(1809)、明治14年(1881)、昭和28年(1953)と3度にわたり御遷宮御修造がお仕え継がれてきました。そして、このたび、「平成の御遷宮」をお仕え継ぎいたします。

 平成20年4月20日には大國主大神様を仮のお住まいの御仮殿(現拝殿)にお遷し申し上げる「仮殿遷座祭」をお仕えいたし、御修造がととのいます平成25年5月にはもとの御本殿にお還りいただきます「本殿遷座祭」をお仕えいたします。また御修造は、御本殿のみならず、境内境外の摂社・末社等も、御本殿御修造に併行して、またその後の平成28年に至る間、お仕えさせていただきます。

 この「出雲大社平成の大遷宮」を広く全国の皆々様のご崇敬の深き御心を結びお仕えさせていただくために、「出雲大社御遷宮奉賛会」を設立いたしております。「出雲大社御遷宮奉賛会」では現在、皆々様からの御遷宮御浄財の奉納をうけたまわっております。
だそうです。まぁ今度来るとしたら60年後僕はもう無理なのでこのたび参拝をしてきました。

太陽光発電リポート!・・・・・的な・・

どーも(*゚▽゚)ノ

パワーコンディショ太です!

岡山県も梅雨入りしてしまい、いまいちパッとしない天気が続きますね(ノω・、) ウゥ・・・

さてさて先月の当社事務所太陽光は絶賛フル稼働いたしました♪

・・・・あっ!!そういえば、実は5月は僕の誕生日なんだよヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

(まぁ・・・大人の都合ってやつで、たった今決まったんだけどねヾ(*`Д´*)ノ”)

そんな僕の誕生日を祝ってくれるかのごとく、出ました!

月間発電量2.650kwh!!

メーカーさんの発電予想シュミレーションでは、5月は2.160kwhくらいの試算だったんだけど、それを大きく上回る結果に。

う~ん、何よりの誕生日プレゼントですな、コレはヾ(〃^∇^)ノ

太陽光を検討するにあたって、本当にシュミレーション通りにいくか不安な部分もあると思うけど、実際に発電してるんだから、疑いようがないねぇ☆彡

まぁ、単月の結果だけじゃなくて、長い目で見ていかないといけないんだけど・・・やっぱりうれしいね♪

【パワーコンディショ太の一言】

百聞は一見に如かず