中学生職場体験

みなさん最近めっきり寒くなりましたね。11月19日~21日の3日間近所の中学校より職場体験に3名の学生が来ました。色は゛体験といっても何をしてもらうか悩んで決めたのが初日は、イベントで使う鬼瓦作成、のし瓦銅線作り、パソコンで簡単な屋根の積算 2日目は現場に行き現場清掃と瓦配達 3日目は映像による現場安全、職人の心得等鑑賞してもらい。試験架台による瓦葺きを体験してもらいました。瓦葺きで初めて瓦釘を打ち込みする体験で瓦をたたき瓦割る等大変でした。タガネで瓦割等楽しい時間でした。我々社会人もよ良い刺激をもらいました。がんばれ学生諸君!

玉島物産展に参加してきました。

先日の日曜日に玉島市役所で玉島物産展が開催しました。物産展は地元企業がブースを出しますが、皆さんがブースでとりあげられている商品を見て、商品を知ることが産業活性化する目的に毎年開催されています。今年で25回です。当社も太陽光部門が出展してきました。当時はあいにくの天気でしたがお客様はかなり多く来られていました。目玉のマグロ、ドテ南瓜の重さ当てやご当地アイドルのライブや玉島のダンスクラブによるダンスとイベントが盛況でした。また来年も是非参加します。改めて玉島の良い所を再確認致しました。

帝釈峡 紅葉

先日帝釈峡に紅葉を見に行ってきました。結構寒かったです。
上帝釈峡 雄橋
上帝釈峡散策は、帝釈峡観光のクライマックスのひとつです。歩きやすい清流沿いの道を散策すると約5分で白雲洞(鍾乳洞)に到着、そこから約15分で世界三大天然橋に数えられる雄橋(おんばし)が迫力ある姿を現します。 渓水の浸食作用により、高さ40mの巨大な岩盤の下部が長い年月をかけて貫通してできた天然橋。この橋を架けたのは”神様”または”鬼”ともいわれ、神秘的な佇まいを留め、昔は備後路を往来する人々が使用していた形跡も残っています。

白雲洞 神龍湖
帝釈峡一帯の地底には広大な鍾乳洞が無数にあるといわれ、白雲洞は帝釈峡を代表する鍾乳洞。奥行きが200mほどあり鍾乳石や石筍などが見事に保存されています。
また、洞内は常に11℃前後で夏は涼しく、冬は温かです。 紺碧の湖面の上に真っ赤な橋が印象的な湖で、3つの橋(紅葉橋、神龍橋、桜橋)を渡って湖を1周する散策コースがオススメです。
また、帝釈峡遊覧船(所要時間40分程度)は、両岸にそびえる断崖や奇岩を船上から楽しむことができます。
と書いていました。今度はどこに出かけようかな 行ってきます。

閑谷学校 備前焼の里

先日閑谷学校に行ってきました。平日午後でしたので観光客の数も少なく。ゆっくり鑑賞できました。紅葉はまだはしりぐらいでしたが、これから赤や黄色と綺麗になるのでしょうね!11月1日~10日は夜間ライトアップする様子ですね。
閑谷学校は江戸時代に建てられた、旧岡山藩直営の庶民教育のための学校です。国宝の講堂をはじめ、聖廟や閑谷神社などほとんどの建造物が国の重要文化財に指定されています。樹々や花々が四季折々の彩りを見せ、訪れる人を楽しませてくれます。
現在目にしていただくのは、元禄14年(1701)に完成した閑谷学校の姿です。創建は寛文10年(1670)岡山藩主池田光政によって成されましたが、武士の子弟の学ぶ藩学校は岡山城下にあり、閑谷学校ははじめから庶民を中心とした学問所としてつくられました。
と記されていました。今一度岡山県の魅力を再確認しました。